看護師転職ランキングサイト



老健看護師のメリット・デメリット教えます!

老健での看護師の仕事は、介護施設の中でも医療が一番多い職場ですね。

老健で働くナースって、ママさんナースや、年配ナースが多いなぁって思います^_^

それは、ママさんナースや、年配ナースでも働きやすいということですね(-_^)

老健のメリットは、病院に比べて、仕事のハードさが少ないんですよね^_^

病院と違い、治療の場ではなく、生活の場であるということが大きな特徴です。

健康な人が対象の施設ですから、病院のように急変の対応や、ステルベンの対応も少なく、精神的な負担が少ないですね。

ですから、イレギュラーな事態も少なく、病院のように残業が多いということもありません。

業務内容もバイタル測定や、褥瘡や表皮剥離の処置、胃瘻や留置カテーテルの管理、内服薬の管理。

そういった看護師の仕事としては、それほど難しい仕事ではありませんd(^_^o)

だから、ブランクがあっても働きやすい職場です。

残業もほとんどありませんし、病院でバリバリ働くのはキツイなっていうママさんナースや年配ナースも働きやすいんですよね^_^


また、介護施設は、病院に比べて年間休日数が多いですね(*^o^*)

110・20日位の年間休日数がありますから、毎月連休も取りやすいですね。シ

病院に比べるとシフト希望も通りやすいなど、メリットは沢山ありますよp(^_^)q

ただ、病院に比べると給与はかなり安くなりますね( ;´Д`)

基本給も安いですが、賞与などかなり安くなります(・_・;

退職金も、病院に比べるとかなり額が下がってしまうのはデメリットだなぁって思いますよ。

収入面でのデメリットはあっても、休日が多いとか、残業が少ないとか、シフト希望が通りやすいというメリットは、ママさんナースにとって働きやすい職場ですねp(^_^)q

2016年4月21日|

看護師派遣と看護師バイトの違いは?

看護師派遣と看護師バイトの違いって曖昧ですね。

どう違うの?ってなかなか説明が難しいのですが、雇い主が違うと言うのが一番違う点でしょうか。


看護師派遣の場合は、派遣会社などに登録して求人希望を出します。

この時の雇用は派遣会社になります。

でも、看護師バイトの場合はあくまでも、雇用主は事業所になります。

雇用先の基準に給料や福利厚生・業務内容などを合わせますので、同じ職場でバイトと派遣の看護師が同じ仕事をしていても、待遇は全く違うのです。

派遣看護師が人気があるのはズバリ給料が高いからだと思います。

同じ職場でバイトやパートをしている方と比べても、時給300~500円は高いでしょう。


派遣の平均的な時給は
1500~2500円です。

一般的な看護師のバイトやパートは職場にもよりますが、平均的な時給は
1200~1500円位が多いですね。

派遣とバイト・パートでは時給に大きな差があるので、やはり同じ時間で仕事をするなら派遣の方が良いなという方が多いのです。

派遣は、登録制なので、自分の都合に合わせて仕事の予約を入れる事が出来ます。


月に1回しか働けない方や、ダブルワークで1日に3~4時間しか働けない方なども、派遣なら続けられると言う方が多いんですすよ。

派遣が給料が高いのはなぜか?

それは各病院などの職場は、看護師を募集する時に、ハローワークやナースバンク・派遣会社などに料金を払って求人情報を掲載してもらいます。

この時に、
実際に派遣会社を通して看護師の就職が決まると、病院側は派遣会社に成果報酬を払う仕組みになっています。

これが正規の社員の場合は、年収の3分の1が手終了として派遣会社にはいります。

派遣の場合は手終了はもっと少なくなりますが、看護師を紹介する度に手数料を貰う仕組みに変わりはありません。

この手終了の一部を看護師に還元しているため、一般の時給+還元された手数料になるので時給が高いのです。

単発バイトや期間限定バイトの場合も、急募の求人が多いので時給は高めに設定されているものが多いですね。


単発バイトや期間限定バイトも派遣の様にシフトの自由が利くので、派遣と単発バイトや期間限定バイトを掛け持ちして、賢く働いている方も多いですよ。

2016年4月21日|

訪問入浴看護師って高給

訪問入浴は時給が高いものが多いですね。

訪問入浴の事業所は、全国的にスタッフ不足の所が多いから、年中募集があります。

1年中募集もあるし、単発派遣での募集も多い。

月に1回からOKや1日2~3時間からOKの求人も多いので、毎日は働けない方やダブルワークの方にも働きやすいと思います。

訪問入浴の派遣は、ツクイとかセントケアとかメジャーな所は高いのですが、社会福祉協議会や市で運営している事業所は仕事は楽だけど時給が安い所が多いですね。

私は、
時給もそれほど拘りがなかった頃は、社会福祉協議会の訪問入浴バイトをしていました。

時給1200円です。

私は正看なので、この時期はかなり安いと感じました。

その後、
メジャーな事業所へ派遣で何度も行っていますが、時給は1800~2500円です。

各事業所によって、業務量って全然違いますね。


社会福祉協議会の事業所は、1日の訪問件数も余裕をもって設定しているので、1日4件とかの日もありました。

でも、メジャーな事業所は午前中に4件、午後に4件くらい回るので、かなりハードですね。

登録して、月に数回のみ仕事に来る方や、もちろん常勤やパートの方もいますが、圧倒的にバイトや派遣の方が多いですね。

私は当時はダブルワークだったので、あまりハードな仕事は希望していなかったので、1日に4件くらい回るので丁度良かったですね。

もし、ガッツリ稼ぎたいと言う方は、土日や祝日限定で、1日8時間派遣やバイトをすれば、時給は平日より200円くらい高いので、かなり稼げますね。

訪問入浴を選ぶ時に気をつけるは、時給を取るか、業務量を取るかです。

短時間で効率良く稼ぎたい方は、時給がたかいけど業務はハードな所、ゆっくり働きたい方やダブルワークの方は、時給は安いけど業務が少ない所を選ぶと良いと思いますよ。

2016年4月21日|

老人病院の看護師夜勤バイトの口コミ(^_-)

外来パートをしながら、月2回、老人病院で夜勤バイトに入っています。

お給料は1勤務2万5千円です。

各病棟に看護師2人、介護助手2人体制の夜勤で、十分な人数なので、看護業務に専念出来、休憩1時間、仮眠3時間確保できて、何かあっても対処できています。

職員が安心して働ける環境なので、病院の評判もかなり良いですよ。

老人病院は、病院によって労働環境も待遇もとても違っていて、スタッフぎりぎりの人数で夜間対応している職場は、ただでさえハードな夜勤を、ほとんど休憩なしで働かなければなりません。

以前働いた病院は、180床あって、看護師1人と介護助手4人でしたが、看護師しか医療行為は出来ないので、私一人ですべての患者さんを看なければならず、3つのフロアを走り回って仕事をしている感じで、とてもハードでした。

老人病院の夜勤専従バイトで、月に6~8回入っています。

老人病院は、各病院によって忙しさがかなり違いますので、お給料よりも、各病棟に配置されている看護師の数や業務内容をよく調べることをお勧めします。

高齢の方は、夜間の急変が割とあるので、看護師1人ではなかなか対応できなかったりします。

1フロア60人に対して、看護師2人いると、かなり働きやすいと思います。

夜勤専従になってからは、同じ時間の勤務しかないので、かえって身体には良いみたいで、日中はプライベートに使えるので、趣味や勉強の時間が増え、銀行、役所に行く用事や通院など平日の日中しか出来ないことが出来るようになりましたよ。

老人病院で看護師の夜勤バイト

老人病院、老健などの介護・福祉系の職場はスタッフ不足の所が多く、特に看護師が足りないために、看護師募集が多くあります。

老人病院は、緊急入院や手術、急変などが一般病院よりも少ないので、一般病院勤務よりもゆったりと、精神的に楽な中で働きたいという方にはぴったりです。

ただ、体力仕事が一般病院より多くなるかもしれません。

また、日勤に比べて業務量は少なくなりますが、高齢者の方達は、夜間にせん妄、不穏状態になられる方もいますし、徘徊して危ないケース、急変の確率も高くなりますから、一般病院とは違った大変さがあります。

高度な看護技術を求められないこともあって、お給料が一般病院より安く、2交代制で1勤務2万~2万7千円くらいが相場になります。

病院によって、看護師1人+介護士、介護助手数人、看護師2人+介護士2人など体制が違い、看護師1人の場合は、かなり負担が大きく、その日によっては仮眠・休憩が取れないことが多くなります。

また、看護師は医療行為のみで、おむつ交換、配膳、食事介助、体交などの仕事はしなくても良い病院もあれば、医療行為はもちろんのこと、介護士が行う仕事も一部手伝う病院もあります。

職場を探すときは、給料、業務内容、残業の有無、人間関係、休憩や仮眠などよく調べることをお勧めします。

2016年3月29日|

看護師の救急外来バイトの口コミ!(^^)!

私は救急外来で夜勤をしていますが、内科・外科・小児科しかなく、残業もほぼなく、病棟の夜勤の頃よりも楽に働いています。

シーズンによってはかなり忙しいこともありますが、休憩もしっかり取れていますよ!

私は準看なので、正看を取るために日中は学校に通って、夜勤バイトをしています。

学生だと働ける職場も限られてしまいますが、民間病院の救急外来で、整形と脳外科が専門の病院で働いています。

実習や試験の時に休めるようにしてもらっているので、とても助かっています。

病棟だと他の多くのスタッフの希望もあるので、シフトが通りにくいことがあるのですが、救急外来バイトはバイトスタッフも多いし、シフト希望が通りやすく、働きやすいと思いますよ。

夜間は救急搬送が多く来ますが、交通事故外相、脳梗塞の方が多くて、結構忙しいです。

自分が希望する日数、曜日でバイトを入れることが出来るので、学業との両立もうまく出来ていますよ(#^.^#)

看護師の救急外来バイト

救急外来には、24時間365日対応している総合病院内の救急センターと平日夜間、土日祝日24時間対応している公立の救急医療センターがあります。

まず、救急センターですが、1次~3次救命に分かれていて、3次救命では、重篤な患者さんが絶えず搬送されてくるので、一刻を争う、とてもハードな職場になります。

看護師は、患者の容体を確認しながら、ドクターの指示を待つのではなく、予測しながら医療機器や薬剤の準備をし、スタッフ全員で救命に向けて全力で取り組んでいきます。

臨機応変に、瞬時の判断が出来るような力も求められるといえるでしょう。

次に、公立の救急医療センターは、個人病院や外来の病院の診療が終わる頃からの仕事になるので、勤務時間は、平日は18時くらいから翌朝8~9時、土日祝日は24時間なので、交代での勤務になります。

重症な患者さんは他院に転院し、大きなオペもないため、救急センターよりは落ち着いています。

常勤の看護師よりも夜勤バイトの方が多く働いているのも特徴です。

センターによって違いはありますが、1日3~4時間の短時間勤務、6~8時間、週1回~OKと、自分に合った勤務時間を選ぶことが出来ます。

2交代制の16時間夜勤が難しい方にも出来る夜勤バイトですよ。

2016年3月29日|